二胡日記~その130「やってしまった…」

前回のレッスンでは
久しぶりのレッスンだったので
張り切りすぎたのか、緊張し過ぎたのか…
自分でもビックリするぐらいイケてない弾き方になってしまった

今回はそのリベンジのつもりだったのですが…

やってしまった…




レッスン当日はお天気が悪かったせいか、
レッスンに向かう途中で咳が出始めたと思ったら
咳が止まらなくなってしまった。
「これは喘息の咳だな~」と思ったので、
頓服薬を使ったのですがなかなか治まらず…
周囲の目も気になるのでもう一回頓服薬を使って咳を止めました。

咳をしたらみなさん一斉にコッチを見るのでちょっと怖かった…
気持ちはわかるけど、
新型コロナが収まってくれないとうっかり咳もできやしないよぅ…




そんなこんなでレッスン会場に到着~
前回に引き続き「風の通り道」を練習するぞ!


…ところがこの時私はうっかり忘れていた。
私が使っている喘息の頓服薬は副作用で手の震えが出ることがあることを。
一回なら大したことなかったんですが、
二回使ったから完全に手の震えが出てしまった。
それがレッスンを開始した途端に出てきてしまったのだ


あまりに手の震えが目立つので先生にも事情は話したけれど、
手が震えるから弦を指でうまく押さえられない。
特に薬指が震え過ぎで自分でも弾きながら「音がヤバい!」と感じてしまった。

結局、今回のレッスンはグダグダになってしまった



せっかく練習したのに~
仕方がないので次のレッスンで頑張ります




"二胡日記~その130「やってしまった…」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]