帰ってきた3DSLL

前回のブログ記事「3DSLLが壊れた」に書いた
3DSLLの修理が終わって昨日帰ってきました
画像


日曜日に宅急便で送って金曜日に到着したので1週間も経ってない!
もっと時間がかかるかと思ってたケド、めちゃくちゃはや~い

画像
当たり前だけどちゃんと治ってる


でも上蓋に見知らぬ傷が付いていたのがちょっとショック
一応修理前に写真を撮ってたので比べてみた。
上蓋の写真はあるのだがアップで撮っていなかったので
送る前に傷がなかったことの証明はできないと思う。

本体は問題なく動くからな…
修理に出したから多少の傷は付くものと思って諦めよう。


今回はスライドパッドと外装の割れを修理してもらったのだが、
微妙に修理内容に不思議な点が…

画像
画像


修理内容や金額内訳は
「オンライン修理受付」から修理を申し込んだのでわかっていたのだが、
「ヒンジスペーサーの補充」と「タッチパネルの交換」が今ひとつわからん???
3年も使うとどこか壊れてきているということなのかな?

ネットで調べると「ヒンジスペーサー」は蝶番部分のパーツで黒いものらしい。
…そういえば昔「何か黒いの飛び出てるな~」とか思ってたことがあったっけ。
たぶんソレのことでしょう!

「タッチパネル」は元気に使えていたので問題ないと思っていたんだけどな…
まさか交換されるとは思わなかったので
画面保護シールを張ったままで修理に出したら、
キチンと剥がしてビニール台紙に貼ったものを送ってくれていました。
画像

多少ホコリは付いていたが粘着力は十分にあったのでもう一回貼り直した。
もし剥がれてきたりしたら買い替えようっと。


今回の修理代は上記金額 + 任天堂に送った宅急便料金ということになる。
もっと高くなったらどうしようかと思っていたのでよかった

"帰ってきた3DSLL" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]