二胡日記~その39「”紫竹調”の練習」

今年、初レッスンです~

今回の練習曲は「紫竹調」
正直どんな曲かピンとこない…

先生曰く、「中華料理屋(本格的なお店)で流れているBGMのイメージ」らしい。
お手本に演奏していただいたのだが…
先生すみません!やっぱりピンとこないです

よくよく考えたら本格的な中華料理屋さんに行ったことがなかった!
パッと出てきた中華料理屋=餃子の王将だもんね…
でも中国っぽいメロディの曲だというのはわかりました!


ところで私が中国の曲に感じる特徴は、

・曲に休符みが無いまたは不規則な感じ。
・こんな音で最後終わるの!と思うこと。
 (なんかまだ続きそうな音で終わるんですよ)

この曲はスラー多様で休みなく弾いているといった感じ。
…運指にはもってこいだなと思いました。

なめらか~に弾けたらさぞカッコイイ曲なんだろうなと思います。
もちろん今はぎこちな~い感じなので曲には程遠いです。

次のレッスンでは音源使うらしいが、練習よりもテンポが速いらしい。
うまくいくといいな

"二胡日記~その39「”紫竹調”の練習」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]