週トロ第130号[ご当地グルメNEXT 三重県-後編]

ご当地グルメNEXT 三重県の後編で~す♪

最初は『鈴鹿おこげめん』
画像

水流豊かな鈴鹿川のおかげでできたオイシイお米。
このお米を使った麺を使用します。
この麺はきしめんのように麺が平たいためタレが良くなじむそうです。

ちなみに主な具は鈴鹿産のキャベツ・玉ねぎ、豚肉、イカ。
味付けは江戸時代から続く地元の老舗蔵元の醤油を使用しているそうです。

実はこのグルメ、
米粉入りの面がゆでるととけてしまったりと調理が難しかったそうで、
なんと完成までに3年も試行錯誤を繰り返したそうです!

シンプルな味付けが食欲をそそりそうです♪

…じゅるり




続いては、新鮮な海の幸を生きたまま焼いた『残酷焼』~♪
『残酷焼』は宝来荘さんが商標登録をしているグルメなんです。
画像

宝来荘さんのホームページはこちらですhttp://www.horaiso.co.jp/

このグルメの由来は、
ある時散歩をしていた宝来荘の先代が、
数人の海女さんが焚火で暖を取っているトコに出会いました。
先代が海女さん達をみていると海女さん達は、
エビヤアワビを焚火に放り込んでいきました。
その時先代は海女さん達から、
傷もので売れない海産物はこうして食べるのだと教えてもらいました。
「これだっ!」と思った先代は『原始焼』と命名して販売を開始しました。

そんなあるとき、
金網の上でとびはねる伊勢海老を見た人の
「残酷やな…」という一言を先代が聞き、
『残酷焼』の改名したところ話題になったそうです。

海に近い土地ならではのご当地グルメですね。
これで伊勢海老食べたらオイシイだろうな…

…じゅるり



ところで、この宝来荘さん。
画像


なんと全室オーシャンビューが楽しめます!!

画像


夕日がとっても綺麗ですね!

あぁ…オイシイ食事と露天風呂と夕日。
いうことありませんね…

日常のストレスなども癒されそうですね♪

"週トロ第130号[ご当地グルメNEXT 三重県-後編]" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]