とりあえず1本!

今週はぐったりしてました。
理由は週の初めに親知らずを抜歯したからです。

以前から肩がこったり疲れたりしたときに
右下の親知らずあたりが腫れたりしていたのですが、
最近その頻度が増えきて(っていうかほぼ毎週)、
思い切って抜歯することにしたのでした。
あぁ~抜歯なんて乳歯以来だヨ


かかりつけの歯医者さんに予約を取ってドキドキの診察です。
私は上の親知らずは生えてこなかったので、下の歯のみある状態です。

・右下の親知らずはほぼ埋没しているものの真っ直ぐ生えている状態。
・左下の親知らずはほぼ埋没していて横向きで生えている状態。

レントゲンをみながら説明してくださるのでイヤでもわかりやすい(笑)

先生によると、左下の親知らずが横向きのためいろいろと弊害が出る恐れがあるので
まだ問題が出ていないうちに抜いた方が良いと仰るのだが、
私にとって今問題を起こしているのは右下の親知らずなんだよね…

幸い右下の親知らずは真っ直ぐ生えているので
歯にかぶさっている歯肉を少しめくるようにして抜歯するそうだ。
5~10分で抜歯できるということだった。

左下の親知らずは歯肉切開をして分割してとりだすが、
場合によっては顎骨を削ると言われた。
それでも15分ぐらいで抜歯できるということだった。
口腔外科もやってる歯科医院で良かった。
「コレは他の病院へ行ってください」って言われたらどうしようかと思った(笑)


ここで先生が「両方、一度に抜きますか?」と訊いてきた。

い いくらなんでも両方を一度にするのはムリだぁ
とりあえず右下の親知らずを抜歯することにしました。

先生には「今回は診察だけで次回抜歯でも良いですよ」と言われたが、
こういうのって勢いがないとできない気がしたので
一瞬悩んだけどお願いしました。


表面麻酔の後、麻酔注射を3本。
麻酔が効いたら、ス スタート…

この歯科医院では診察室でJOPなどの曲がかかっている。
おかげで気がまぎれるので助かります。

あぁ…口の中でゴリゴリやられてるのがわかる…
途中から血の味がしたけどすぐに吸引が始まったので気にはならなくなった。


あれ?もう10分は経ったよ!?
まだ抜けない?
っていうか親知らずの2本前の歯がなぜか疼く!!

…15分経った。
まだ抜けてない。
こんなにしんどいなら抜歯ヤメとけばよかったかなぁ…
でも歯茎はまた腫れてくるゾ…
なぜか抜歯真っ最中のこの状況で無意味な葛藤が始まった(笑)



とその時だった。

聞きなれた曲が耳に入ってきた…

こ この曲は…
米津玄師さんの「Lemon」!!



この名曲を聞きながらの抜歯なんてイヤ~
抜歯の思い出の曲になっちゃうぅ~



と心配したが、曲が終わっても抜けなかった。
何とも複雑な気持ち…


次の曲がかかったけど米津玄師さんの曲じゃなかった。
あぁ、良かった…
あれ?なんだかジンジンしてきた気がする…
麻酔切れてきたのかも!
ヤバくない!!

と思ったのと同時に上の歯にバキッと何かがぶつかる感覚。
やっと親知らずが抜けました。
約20分かかりました。
はぁ…とりあえず終了か…

先生の説明では、
「思いのほか歯の根っこがしっかりしていたので時間が掛かってしまいました」ということだった。

抜けた親知らずは埋没していたから真っ白くてキレイ…
コレがキチンと生えてきてて問題とかが無ければ、
将来のために残しておく選択肢もあったかもと思うと
少しもったいない気もした。


止血のためにガーゼを噛んでいたら、
先生に「抜いた歯、持って帰ります?それとも写真撮られます?」と訊かれた。
なんでもTwitterやインスタとかに上げるので、
持って帰ったり写真を撮る方がいるそうだ。

痛~い思い出を持って帰ったり画像で残すのはイヤだったので、
心にしっかり焼き付けて帰りました。



それでも…
今週は米津玄師さんの「Lemon」を聞くたびに抜歯のコトを思い出してしまう。

おもいでがふえました

どんな「おもいで」なんだ!!


これは「ステキなおもいで」で塗り替えるしかさそうだ



今回抜歯した傷口が落ち着いてから横向きの親知らずを抜歯します。
9月中には抜歯したいのですが、
抜歯中にも疼いていた「親知らずの2本前の歯」が噛むと痛くって。
舌や指で触ったり歯磨きしたりしても大丈夫なのに、
カチカチ噛むとなぜか痛い。
日に日に治まってきたような気もするので関連痛なのかなぁ?

抜歯後1週間で診察があるのでその時に痛かったら診てもらいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント