二胡日記~その112「”サライ”の練習」

週末のレッスンだったのに、
連休に家族と過ごしてたら楽しくて…
うっかりブログ記事更新するのを忘れていました(笑)


今回のレッスンは24時間テレビでよく流れる「サライ」です。
平成最後ということでこの曲になったそうです。
まさか二胡で平成最後を実感することになるとは思わなかった(笑)


サビの部分はよく覚えているので弾きやすいのですが、
今回はあまり使用したことが無い
「第三ポジション」をサビで多用。

ポジションが移動して高音になればなるほど
弓の力加減に気を付けないとキィ~~~という音が出てきてしまう。

何度も弾いてみたけど上手くいかなかった。
つまり「令和」に持ち越し
まさかここで令和を実感することになるとは思わなかった(笑)




その後、家で練習したところ、
何とかサビだけはそれっぽくなった。


この曲も二胡ととても相性が良いように思う。

頑張って弾けるようになったら、カッコイイな~
とか勝手に想像してしまう(笑)




サライ
ファンハウス
1992-11-16
谷村新司 加山雄三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年05月09日 17:25
弦楽器の高音部分は難しいですね。
いつも趣味とはいえ、練習の数で、それらをこなしています。
楽器というものは、生き物に感じることがあります。物で片付けるには複雑すぎるコミュニケーションがあります。もし自分が生まれ変わったら、一桁の年齢から、楽器を弾き始めたいと思います。
2019年05月11日 22:26
ベランダ農夫さん、コメントありがとうございます!

まだ高音部分の音は外しっぱなしでして…練習が必要です。

私は小さい頃にピアノを数年やっていましたが先生との相性が悪くてやめてしまいました。そのせいかピアノの弾き方はさっぱり思い出せません(笑)
やはり楽しく続けていくためには、好きな楽器や先生と巡り合うことが大切なのかもしれませんね♪

この記事へのトラックバック