大塚国際美術館に行ってきた!

某日…
母と一緒に日帰りバスツアーで、
『大塚国際美術館』に行ってきました♪
いつかは行きたいと思っていた美術館だったのでワクワクです


今回の一番の目的は
米津玄師さんが紅白で歌った場所『システィーナ・ホール』です!

その次はゴッホの『ひまわり』です。
すでに失われてしまったものを含め、
レプリカですが7枚全てを一度に観ることができるので楽しみです!



と、その前に…
まずはツアーの関係上、
「ウェスティンホテル淡路」のランチブッフェでたっぷりと食事♪
腹が減っては何事もできないのでガッツリ食べます(笑)

淡路島の玉ねぎを使った料理が多かった~
淡路島産の玉ねぎは甘くて美味しいのですきです♪
オニオンソテーやオニオンスープをたっぷりいただきました
ローストビーフも美味しかった
写真は…撮るの忘れました(笑)




お腹がいっぱいになったら動かなきゃ!
という訳で目的地、「大塚国際美術館」に到着!
テレビで見た長~いエスカレーターを上るとホールに到着~


最初の1時間は美術館スタッフさんによるギャラリートーク。
『システィーナ・ホール』や『スクロヴェーニ礼拝堂』、
『最後の晩餐』の修復前と修復後、
ゴッホの7つの『ひまわり』などの説明をしてくださいました。

説明の中でレプリカの作成の方法についても少し説明がありました。
本物の写真を元にレプリカを作成しているそうです。

そのため…
元の作品に傷やらくがきなどがあれば
それもレプリカに反映されてしまうとのこと。
一番わかりやすいのが『スクロヴェーニ礼拝堂』という説明でした。


青が美しくてすてきな『スクロヴェーニ礼拝堂』
画像


壁画を観ていくと…
画像
あっ!たぶんこれッポイ…


思わぬカタチでなにかが後世まで残ることがあるのかもしれない…
そう感じました。


ちなみに床もレプリカになっているそうで、
本物にある傷も同じく再現されています。

傷があるのかと思っていたら
写真から再現した傷のため、
その上を歩いてもデコボコしていません。
実際に見てみると面白いです~


余談ですが、
『スクロヴェーニ礼拝堂』での美術館ウェディングも人気。
『システィーナ・ホール』でのフラワーシャワーもあるらしい。
すごくステキなんだもの!人気があるのは当然でしょう!

ここで結婚式を挙げることができたら、
間違いなく一生の思い出になるでしょう。
ステキ過ぎます!




ギャラリートーク終了後は自由行動の時間!

画像
上の階から見た『システィーナ・ホール』


『システィーナ・ホール』は本当に美しかった…
ずーーーっと観ていても飽きないと思った。

ホントは『システィーナ・ホール』の椅子に座って
しばらく壁画を眺めていたかったけれど、
いろんな絵画もじっくり観たいので歩き回ります~


大塚国際美術館の作品は全て陶板によるレプリカのため、
絵画は触ってもイイのです!
絵画によっては絵の具のタッチも再現されていて、
実際に触って楽しむことができます♪
これには感動しました

ブリューゲルの「バベルの塔」
画像


以前大阪で「バベルの塔展」があったときに観に行けなかったので、
この絵が観れたのは嬉しかった♪


マネの「フォリー・ベルジェールのバー」
画像


マネの最晩年の作品。
じっくり見たかったけれど、
人気の絵は人が集まりやすくなかなか観れない~
写真に撮ってからじっくり見ることにした

昔、美術の教科書に載っていて、
絵なのに奥行を感じたことを不思議に思ったせいか、
とても印象に残っていました。
実物大で観れて嬉しかった♪


ゴッホの「ローヌ川の星月夜」
画像


ゴッホの「ひまわり」…
人が多過ぎてじっくり観られない…
ゴッホの絵は自画像なども複数ありましたが、
人がいっぱいで…観るのが大変だった

しか~し、他にもゴッホの作品はあったのだった!
この絵は人が少なくてじっくり観れました

静かな夜のローヌ川。
星空とガス灯。
こういう風景画も美しい…




ここからは「名前を忘れてしまったケドお気に入りの作品」を…

画像
ニャンコがいる絵は他にもあったのですが、これが一番カナ(笑)



画像
ワンコもいました。
とても賢そうでカワイイ♪



画像
だまし絵の部屋もありました。
部屋の隅々まで観て触って…
レプリカだから近くで鑑賞できる。
この美術館ならではといったところです。





館内はかなり歩く~
途中で疲れても絵画を観ながら座れる椅子が結構ありました。
休憩しながら進みます。

画像
ひまわりのソファーもありました



画像
でもこの部屋で休むのはちょっとコワイ(笑)





最後に「春」の作品を…

ミレーの「春」
画像
新緑と花がもうすぐ春が来ることを教えてくれているようでした。
実物大で観ることができてよかった♪




鑑賞時間は約2時間あったのですが、
どこも見どころがあり過ぎて時間が全く足りません(笑)
B1Fの絵画を観る時間が無くなってしまったのが心残りです…

他の絵画もじっくり見れなくて、
やむを得ず写真に撮って、帰ってから楽しみました。
あとから見たら作品名がわからなくって、ネットで調べたりしました(笑)

さらに心残りだったのが、
行った日のお天気が悪くて…
ビニール傘の貸し出しはあったのですが、
風が強くてずぶ濡れになりそうだったので
モネの『大睡蓮』が展示してある中庭には行くのは諦めました。
また行きたい!


次に行くときは、個人で行って午前中には入館した方がいいのかも?
館内にはカフェなど食事のできるところもあるので、
お腹が空いても大丈夫そう。
かなり楽しめる美術館です




そんなこんなで帰ってきた~
途中のサービスエリア「淡路ハイウェイオアシス」で
玉ねぎ関連のお土産を買おうかという話になったのですが
お昼に食べ過ぎてもういいやということになったので、
結局これを買っただけになってしまった。


元気シュワシュワれもんあめ
画像


たぶん米津玄師さんの『Lemon』を思い出したからだ。間違いなく(笑)


このれもんあめは「淡路ハイウェイオアシス」で販売されています。
パッケージイラストはスタッフさんのデザインなんだそうです。

もちろん淡路島のレモン使用。
食べるとそんなに酸っぱくはなく、シュワシュワして美味しかった。
もう一つ買っておけばよかったなーと思いました


れもんあめをなめながら、
美術館のことを思い出して余韻に浸るのでした。






大塚国際美術館 懐紙 ムンク 叫び
大塚国際美術館

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





大塚国際美術館 図録100選(日本語版)
株式会社印象社
大塚国際美術館

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





Lemon
Sony Music Labels Inc.
2018-03-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年04月03日 10:42
美術館は自分の好きな絵と対話するようにじっくり時間をかけると幸せな気分になります。
絵のすばらしさは個人個人のものと考えるので、画家の名前が逆に視野を狭めるものになるかもしれませんね。
ゴッホいいですね!ミレーは大好物です。
2019年04月17日 22:54
ベランダ農夫さん、コメントありがとうございます!
お返事遅くなり申し訳ございません。

絵画を観てから作者を見て「こんな作品も描いていたんだ!」と驚いた作品もありました。嬉しい発見だらけでした。とても楽しい時間でした♪
今度はじっくり時間をかけて観れなかった作品も観たいです。

この記事へのトラックバック