誰もが不安で怖いのだと思う

2018年6月18日7:58大阪北部を震源とする地震がありました。

私は大阪に住んでいますが震源より離れた地域でしたので幸いなことに被害はありませんでした。
(危うくエレベータに閉じ込められそうになり、後から考えるとゾッとしましたが)

ただ、知り合いが高槻に住んでおり、家屋に少しダメージがあるそうです(幸い修繕すれば住み続けることができるということでした)。幸い、怪我などもなかったそうです。

しかい、この地震で亡くなられた方、けがをされた方、自宅ににダメージを受けられた方もいらっしゃいます。
亡くなられた方、そのご家族にお悔やみ申し上げます。
また、被災された方が1日も早く平穏な暮らしに戻れるように心よりお祈り申し上げます。


地震後はご近所の様子もいつもと少し違う感じがします。

例えば、近所のスーパーでは水の買い溜めが起こり、一時品薄になりました。

最近は日が暮れるのが遅くなってきたので、近所の子供が遅くまで遊んでいたのに、地震後は誰も見かけない。
塾の生き帰りにも親が付き添っているのも見かけました。

またネットで心無い書き込みとかもあったようで…
地震で不安になっているところに、こういう情報はさらに不安をあおることになる。
こういうことはやめてほしいと思いました。


さて、お話しは変わりますが…
地震のあった当日。
私は自宅を出た直後だったのですが、鉄道が全て止まってしまい通勤手段がなくなってしまいました。
その後上司に状況連絡後、指示をいただき「自宅待機」となりました。

その後、一部の鉄道が動きだしたのですが、人が多く駅が混乱状態という情報があったこと。
その時点から出勤しても大して仕事をできる時間ではないこと。
出勤後、不測の事態が発生したとき、帰宅困難者となる恐れがあるため、引き続き「自宅待機」としていました。
もちろん、会社からの連絡にはすぐに対応できる状態にしていました。


ところが翌日会社に出勤すると「こういう時は無理してでも出勤するもんだ」と嫌味をいわれました。
話を聞いていくと、上司は会社に近い上、鉄道での通勤経験があまりなく、マイカー通勤のため、鉄道がかなり長い時間止まったことを信じていなかったようです(歩いて帰宅や出勤していた人は混雑回避目的と思っているのです)。
さらに営業マンのみですが地震発生時は会社にいた(営業マンのみ会議のため早朝出勤だった)ので、自分たちは出勤しているのに、来ないのは有り得ないと思ったみたいでした。
こっちは出勤する手段はないかと駅の様子を見に行ったりしていたのに…なんだか悔しい。

特に忙しい日とかでもないのに…
ムリして出勤する必要はあったのかな?
いまだに疑問です…

こういうとき、「自身の安全を図る」のか、「会社の業務を優先」するのか。どちらが正しいのか。
私は身を守る方を優先したい。


でも、その後の上司や他の社員の様子を見ていると、
地震当日は会社が入っているビルのエレベーターが停止したので階段の上り下りでしんどかったこと。
ちょっとした揺れ(大きなトラックが会社の前を通ったなど)で過剰に反応していたこと。
今までそんな事なかった方が、些細なことでイライラし、怒鳴り散らしていたことがあったなどがあったので、みんな不安で怖いんだなと思ってしまった。


その勤務先ですが、この週末に会社主催の飲み会が開催されました。
私は大きな地震後の1週間は最初の地震と同程度の地震が起こる可能性があるため、お断りし1人帰宅しました。

参加しなかったのは私だけでしたので、
「まだ地震怖がってるの~」とか笑われたし、ものすごくバカにされたけど、
『備えあれば患いなし』自分の身を守りたいので無視して帰りました。
明日、出勤したらバカにされるんだろうな、きっと。

この会社ヤバイな~と思うのは私だけなのかな…
社員の安全を考えてくれない会社に今後お世話になるのはどうなのか?
考えないといけないな、と思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック