「始皇帝と大兵馬俑」展に行ってきた~

週末に国立国際美術館で2016年10月2日まで開催の
「始皇帝と大兵馬俑」展に行ってきました~
のんびりしてたら終わっちゃうところだったので、
急いで観に行ってきたのでした。


兵馬俑は想像通りでしたが、
大道芸人らしき像があったことは初めて知りました。
やっぱり兵士の像の細かい細工や彩色の跡を近くで見れたのは面白かったです。
残念ながら像が持っていた弩などの武器の木製の部分は
朽ち果ててしまい復元したものしかありませんでしたが、
武器を手にした兵士像はどんな姿だったんでしょう…

また、兵馬俑と一緒に発見された馬車は内部までキレイにつくられていました。
馬車に繋がれた馬は生きているように感じられましたが、
なんだか動き出しそうでコワイかも…




お土産コーナーでは
「始皇帝と大兵馬俑」なのに
なぜか三国志のお土産が多く販売されていたのが印象的でした。
画像
※画像は「始皇帝と大兵馬俑」展とは関係ありませんが
コスプレした2人が頭をよぎって離れなかったので(笑)





この「始皇帝と大兵馬俑」展では
基本的に写真撮影禁止なのですが、
最後の撮影コーナーでは写真OKなので撮ってきました。

画像
画像


う~ん、
もちろんレプリカだからなのですが…
全然迫力がない…

できれば本物をガラスケース越しでよいから
1体だけでも写真に撮らせてほしかったな…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年10月03日 01:25
澤穂希軍団かと思いました。(笑)
東京では国立美術館の常設展示などなどで、大変喜んでいます。
今度は、ゴーギャンとゴッホ展があるんですよ~~~。
水堵(管理人)
2016年10月08日 18:50
ベランダ主夫(FreeHand)さん、コメントありがとうございます!

なんと!武器ではなくボールを蹴って皇帝を守っていたとは(笑)
レプリカを見たときは「前にならえ」をしているようにしか見えなかったので、兵士も大変だな~とズレたことを考えていた私です(笑)

ゴーギャンとゴッホ展もいいですね。ゴッホの綺麗な色彩も、ゴーギャンのものの持つ内面を表現したような色彩も、同時に楽しめるのは贅沢ですね

この記事へのトラックバック