二胡日記~番外編6「心がポキッと…」

二胡の発表会の曲のせいで予想以上に悩んでいるのかな…
仕事中にも考えてしまう。
このままじゃいけない!と思ったので、教室に電話する。
ところが先生はあちこちの教室を回っているのでなかなか連絡が付かない。
(先生と生徒のトラブルを防ぐため、
直接の連絡先は教えられないということなので)

仕方ないので次に先生が私の通ってる教室に来る日と
電話がつながりやすい時間帯を聞いて後日電話した。


そしてやっと電話がつながった。
早速は発表会の曲は全て参加しないといけないのか尋ねてみた。
するとやはり原則参加ということだった。

それでは仕方がないと思い、
最初は1曲だけの話だったのに急に3曲も渡されて戸惑ったこと。
しかも今の自分では
3曲とも習っていない弾き方の楽譜だったので余計困惑していること、
どう考えても弾くことはできない(どう弾いていいのかわからないから)。
したがってステージで弓を動かさずにじ~っと座っているだけになる。
合奏なので迷惑がかかるので参加を辞めようと思う。

こんな感じで話しをした。
すると先生はさすがに慌てたらしい。

弾けないのなら「少年時代」だけでもいい。と言い出した。
結局先生としては、参加人数を集めたかっただけらしい。
そんな思惑が見え隠れ。
(某大手教室だからなのかもね…)

弾けなかったらフリだけでもいいらしいというが、
あの手の楽器じゃフリなんてできないだろう。
(どう考えてもバレバレだしね)


でも、私がわがままを言って曲を弾かないみたいに言われた。
確かにわがままかもしれないが、
その言い方がどうしても引っ掛かるし気に食わない…

普通発表会って、今の自分のレベルで練習して弾ける曲か
自分の得意曲とかで出るもんじゃないのかと思う。

何が楽しくって自分が弾き方をわからない曲で出なきゃならないのか?
しかも10年近くレッスンしている上級者との合奏だなんて…
横一列に並んでの演奏らしいので
一人弾いてなかったらすぐにみんな気が付くだろうし、
お客さんもそれを見てどう思うかを考えて欲しかったと思う。

ちなみに「弾き方がわからない曲」っていうのをわかりやすく言うと、
ハイキングを始めたばっかりの人にアルプス山脈登れということや、
縫い針に糸をやっと通せるだけの人に、
ステージ衣装並みの立派な衣装を作れといったとこかもしれない。


特に今回の問題の曲の1つ「良宵」は
二胡を弾いている人がいつかは通る曲らしいが、
その難易度高めのため、
かなり弾き込んでいかなくてはいけない曲としても有名らしい。
そんな曲をいきなり渡されて、発表会で弾けなんて言われたもんだから
さすがに心がポキッとなった。


ちなみに先生はそのあともいろいろ曲の素晴らしさを語るのだが、
心がポキッとなってるのにそんなのはもはや耳に入らない。

今すぐには正常な判断はできないと思ったので、
「発表会の参加はどうするか考える」といって電話をおいた。


数日時間が経って冷静に考えたが、まだ悩んでいる。
こんな発表会なら出る価値はないのかもしれないと。

でもせっかく練習したので勿体無い。

最善なのは今回「少年時代」のみ演奏することかと思う。
次のレッスンで先生にそう言おうと思う。

ただ心が折れたのか、二胡のことをしばらく考えたくない自分もいる。
今週は思い切って二胡を触らないことにしようと思う。
たまには距離をおくことも必要かもしれない。

気持ち玉やコメントを頂いた方、ありがとうございました。
今日明日では立ち直れないけど
今のところ発表会には一応参加するつもりです。
やっぱり勢いだけで突っ走ることになりそうです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年06月06日 23:40
水堵さんわかりもしないで勝手なことを言ってすみませんでした。プライドのもんだいもあるので、参加するだけというのも、私の意見としては、辞退すると思います。
ある種口パクでは、辛いですね。でも、楽器は先生よりも近いところでいつもそばに居てくれてると思います。
音楽の根本は音を楽しみます。でも、こころのない音楽は意味を持ちません。冷静に判断して、ください。
自分が大事です。
水堵(管理人)
2015年06月08日 01:12
ベランダ農夫さんが謝罪される必要はありません。
温かいコメントありがとうございます。
このようなお優しい方に気を遣わせてしまうなんて、私が悪いのです、本当にすみません。

悩みましたが「少年時代」だけ演奏しようと決めました。
せっかく練習したからというのもありますが、今の自分は人前で演奏できる実力があるのかも試してみたいと思ったからです。あがり症だし(笑)。

音を楽しめる会に参加しないと意味がないですものね。
楽しく演奏できるといいな。

この記事へのトラックバック