七転八倒

注意

この記事は内容が内容だけにストレートな表現になってしまいます。
内容は…「大腸内視鏡検査」です。

※読みたくない人はここでお帰りください。


体験、感想は私個人のものです。
検査自体を否定するものではありませんが、
不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

なお、この検査は担当医師によっても楽に終わるか、
苦痛を感じるか異なると思います。

上記をご理解の上ご閲覧くださいますようお願い致します。
(長文となっております)


6月某日、健康診断の結果が返ってきた。
さくっと一覧を見ると、一ヶ所「再検査」の文字が!
何が引っ掛かったのかと思い見ると、
「潜血便」(二日分の内一日分陽性)となっていた…

なんとなく原因に思い当たる節もあるので、
たぶん問題ないと思うけど、何かあったらコワイし…
ちょうど喘息の定期検診の日が近かったので
健康診断結果を持って主治医に相談した。

この項目が引っ掛かった場合、「大腸内視鏡検査」を勧められるらしい。

ちなみに他の検査方法として「大腸X線バリウム検査」もあるらしいが
こちらは何枚もレントゲンを撮るため被ばくの心配があるそうで、
若い人(特に女性)には後のことを考えるとこの病院ではお勧めしないそうだ。

ただ、主治医は「呼吸器系」のドクターなのでこの検査はできないため、
後日「消化器系」ドクターの診察を受け、
事前検査として採血と腹部レントゲンをし、検査の説明を受けた後に
「大腸内視鏡検査」の予約を入れた。

主治医曰く「あの先生なら大丈夫だよ」と言ってくれた。
…でもなんか不安なんだな…


検査の2~3日前から消化の良いものを食べるように言われていたので
うどんなどをメインで食べた。(野菜、胡麻、キノコ、海藻類などが×)
腸に残っていると検査の妨げになるからなので仕方ない。

検査前日も同じように消化の良い食事をし、21時に頂いてた下剤を服用。
この下剤は便秘の人にも処方するものらしいのでそんなにきつくはないらしい。
でも朝方にしっかり腹痛で目が覚め、2~3回トイレに駆け込むことに…
…おかげで眠くて仕方ない。

朝9時、病院に着くと病室に案内される。
この病院では「もしも」のために1日入院
(何も問題なければそのまま帰る)体制をとっている。
「もしも」っていうのは、検査前後に体調が悪くなった他、
腸管穿孔(腸に穴があく)の時は緊急開腹手術となるので
その時のための入院のお部屋確保というのもあるのだ…
腸に穴があかないことを祈る…

そして、胃腸の動きをよくする薬を服用し、
腸管洗浄液「ニフレック」を飲む…
これが約2Lあり、1時間で1Lを目安に飲むのだが、
「超ぬる~い塩っぽいなんかヌメッとしたスポーツ飲料」
といった感じで美味しくない…
コレを10~15分でコップ1杯(約180ml)飲む。かなりキツイ…
ただ、看護師さんは水、お茶、スポーツ飲料
(要するに色がなく、食物繊維なし)なら飲んでも良いとのことだったので、
お腹が痛くなる前に速攻で自販機にポカリを買いに行く。

私の作戦は、
「ニフレックコップ1杯飲んだらポカリを少し飲む」といったもの。

しかし、ポカリがこんなに美味しいと思ったことは未だかつてなかった(笑)
結局ニフレックを約1.5L飲んだ時点で腸内はキレイになったが、
医師に「ここまで来たら全部飲んじゃって」と微笑みながら言われる…
…ヤケクソで全部飲んだ。(…チッ)
結局ニフレック2L+ポカリ500ml×2本飲んだ。
でもすべて水便として出てしまったらしく、かなりのどが渇いた…


そして14時過ぎ…
検査の準備ができたので検査室へ行き、検査着に着替える。
丈の長い病衣にお尻の部分の穴が開いた紺の検査ズボン…
今更恥ずかしがってられないから開き直る!

看護師さんは「だいたい15~30分で終わるよ」と言ってくれてた。
朝から食事をしていないので食事代わりの点滴を打ち、始まるのを待つのみ。
「俎板の鯉」ってこういう事なんだなとか思ったりした。

そして医師(消化器系ドクター)がやってきた。検査開始です…


入口にゼリー状のものを塗られ、内視鏡カメラが入る。
ついでに内視鏡が進みやすくなるよう炭酸ガスも入れながら。
途端にお腹が張ってくる。かなり苦しくて自分が風船になったみたい。
ちなみに検査中は腹式呼吸をするように言われました。

しばらくすると、
チクチクお腹が痛い→まだ我慢できる。
数秒後、結構痛くなってくる→「痛い」と声が出ちゃったがまだ大丈夫…
ここで肩に「腸の動きを止める注射」を打たれる。
これでなんとかなるのかな?

その直後お腹が破れるかという強い痛み!
こんな痛さ今まで体験したことないよっ!!
お腹を押えながら「痛い!痛い!」勝手に声が出る!
一瞬で脂汗と涙でいっぱいになった…

「ここで痛み止めの注射」を打たれる。
「意識がポワンとしてきますよ」と言われたが、
ずっと痛みが続いてるせいで逆に意識がしっかりしてきてしまう始末。

しばらくしてから内視鏡を再度進めるが…
さっきよりも痛いし、内視鏡が当たってる感が凄いする!

ここで検査を止められても困るので、
腹式呼吸で誤魔化して頑張ろうとしたが内視鏡が進まない…

結局看護師さんにお腹を押さえられたり、
X線透視で内視鏡の様子を確認しながら進めるが…

ここで医師から信じられない言葉が…
「あなたの腸はS状結腸が普通の人より長いので他の部分も長い。
S状結腸が動かないし
(アコーデオンの様に折りたたんで挿入していくのができない)、
腸も細いしS状結腸頂点で内視鏡が入らないし、
入ったとしても内視鏡の長さが足りないと思うから止めます」

と検査が中止に…

「ていうか事前検査で撮ったレントゲンにもS状結腸は映ってたでしょうが!!」
(説明されたので素人でもわかります)
と言いたかったが痛みで言葉が全くでない。

確か、私が説明されたのでは、
下から胸の下ぐらいまで上に上がり、
そこからジェットコースターみたいに丸くループを描いて下に延び、
そして下行結腸へ繋がるといったもの。
…レントゲン見ましたが、よく見る大腸の図とは全然違います、ホント。

さらに
「内視鏡はこれしかないから他の病院へ行って検査したほうがいいよ」

…もう言葉が出ない

結局、S状結腸途中までしかできなかった。


検査着から着替えて病室に戻る。
なんと検査開始から約2時間も経っていた

看護師さんは、
「注射の影響でふらつくから気を付けて」というが全くそんな事もなかった。
むしろスタスタ歩いてた。
っていうか検査ができなかったショックの方が大きいよ!


ショックで病室でぼ~っとしてたら、
身なりを整えた消化器系ドクターがやってきた。
さっきと同じようなことを言い、更に、
「身長低い人で腸が長い女性(女性特有の臓器で場所が余計なくなる)だと
こういう事になるときがあるんですよ」と言われた。
ど どうせ150cmぐらいしかないもん!
腸も長くて悪かったよね!!


そうして、あっという間に去って行った…
…一応の説明義務果たしました、って感じしかしない。
っていうか、中止になったのは全面的に私のせいなのか!
そうかもしれんけどなんか悔しい…


あぜ~んとしていたら、
主治医(呼吸器系ドクター)がなんだか申し訳なさそうにやってきた。
どうやら2時間経っても終わっていなかったので心配してくれてたらしい。
…ちょっとウルっとしちゃいました。

心配だからとお腹を触診。

そして今後どうするかは
他の病院に行くにしても今は体力もないし、
疲れているからいい考えも出ないだろうし
次回の定期検診の時に一緒に考えましょうと言ってくれた。
自分もあたっておくからと言ってくれた。
この人が主治医で良かったと思った。

この後、調子が悪いのなら一泊していった方が良いと言われたが、
他の入院患者のおばちゃんが検査中止になったのを聞きつけて
アレコレ聞いてくるので精神的に参りそうだったので、
お腹が痛いが帰ることにした。

夕食は素うどんにしたが、
食べるとおなかが痛くなるので1/3玉ぐらいしか食べれなかった。


でその夜中、検査の時の痛み(中ぐらい)の腹痛で目が覚める。
痛いのは例の「S状結腸」のあたり。
なんかやたら痛いけど、検査したばっかりだし、
検査の一番痛いときに比べればなんてことはないと我慢した。

その後も腹痛は治まらない。
その上食べたり水を飲むとかなり痛みがくる。
水はかろうじて一口ずつゆっくり飲めば何とかなるが、
食べ物は素うどん1/3玉を最低1時間かけて食べないと
腹痛が酷くなるのでほとんど食べることができなかった。
(途中で食べるのがイヤになる)
悲しいことに胃袋は元気なのでグーグーうるさかった。

この時病院に行けたら良かったのだが、
週末に検査をしたためこの日は病院はお休み。

月曜日に会社を休んで病院に行くことにした。


ちょうど主治医がいたので診てもらったが、
腸に穴があいたのでもないし、大きな傷がついた訳でもないだろうとのこと。

ここで驚きの言葉が!
「今消化器系ドクターがいないから、
これ以上どうしてあげるのが良いのかわからない」

えっ!どういうこと!!

話によると私を検査した消化器系ドクターは、
簡単に言えばあちこちの病院でグルグルと診察しているドクターで、
この病院専属ではないそうだ。

他の消化器系ドクターが来るのは別の日なので、
今は対処療法(点滴と痛み止め)しかできないそうだ。

なんてこった…

かかりつけの病院だし、近所だから行きやすいと思ったのに…
専属の医師がいなかったら何かあっても対応できないんだな…
だったらこの病院でしない方が良かったのかもと思った。

結局点滴をし、胃腸の動きを止める薬も注射したが効果がなく帰ることに。


家に帰っても寝てても起きてても痛むし、
なんか精神的に参ってくるので
S状結腸についてネットでいろいろ調べてみた。

それによるとS状結腸は自律神経の影響を受けやすいらしい。

たぶん、
検査が中止になったストレスかな…と自分なりに考えた。
あと、S状結腸も何か入ってきたからビックリしたのかもしれない。

そう思うと心なしか痛みがマシになった気もする。
ていうかそう思い込まないとツライ。

結局火曜日も会社を休んだ。
でも夕方にはそこそこ動けるぐらいまでに回復した。
でも食事はまだ検査前のようには食べれない。
しぶとくお腹が痛くなるからだ…

結局、検査をしてから10日近く経つが…
検査直後は腸内洗浄で体重が2Kg減り、
現在はそれにさらに1Kgマイナス…計3Kg痩せた。
痩せたいとは思っていたけど、
こんな不健康な痩せ方、全然嬉しくない!!

今は痛みは殆どなくなったが、
一定量食べると痛くなるので気を付けている状態。
少しずつ食べれる量も増えてきた。
でも…食べたいものがたくさん食べれずツライ。


今回の検査で思ったことは、
たとえかかりつけの病院でも
肝心の医者がいなきゃ対応してもらえないから
よく調べてから検査を受けるようにしようと思った。
もちろん担当医師についても。
ネットで検索したら結構わかります。

一応、体力が戻ったらもう一度検査をしようかと思っているが、
今回のことがあったのでかなり怖さを抱いてしまったと思う。
どちらにせよしばらくは無理だ。精神的に。


ちなみに大腸内視鏡検査は
意識を保ってする検査と半分寝たような状態でする検査があるらしい。

意識を保ってする検査だと、
患者が「痛い」と言うので腸管穿孔の危険が減るらしい。

半分寝たような状態の検査だと、
患者の苦痛は少ないが、痛みを訴えられないので
腸管穿孔の危険が少なからずあるらしいのと、
薬の効果が薄れるまで検査後休憩が必要になるらしい。

私の検査方法は前者。
でも次は後者でやろうかと…
あの2時間の苦痛はもう耐えられないよ…

ネットで調べると検査実績とか載せている病院もあるので
主治医と相談してみようかと思う。

でも一番いいのは健康診断に引っ掛かからないようにすること。
生活改善しなきゃな…
といってもストレスが原因ポイ気がするけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年07月31日 12:59
大変でしたね。医者にはすべてが器用なはずはありません。近所の医者でも内視鏡のうまい下手があるとうわさがありました。私は胃までの検査でしたが、とてもうまいと思いました。猫も尿のことでいろいろ医者に見てもらいましたが、うまい下手が明確でした。医者は選べる立場なのですが、口コミ程度の情報しかありません。評価するクールな団体がほしいですね。医者の二代目の怪しいのがいっぱいいますから。。専門医や機器の整ったところを選ぶほうがよいです。私は冷静に医者を叱ったこともあります。患者のほうが偉いんです!笑。お大事に!
水堵(管理人)
2014年07月31日 22:10
ベランダ農夫さん、コメントありがとうございます!

お陰様で少しずつ体調も戻りつつあります。
食べれる量も増えてきましたがなかなかで…
早くたくさん食べれるようになりたい(笑)

今回のことで勉強になったと思うのは、
「かかりつけの病院だからといって安心しないこと」ということでした。油断して医師や病院のことをあまり調べていなかったとホントに反省しました。

痛い授業料となりましたが、今後病院にかかるときには慎重にしなければ!と思いました。

この記事へのトラックバック