週トロ第105号[帰ってきた!ご当地グルメNEXT]

わ~い、「ご当地グルメ」が「ご当地グルメNEXT」になって帰ってきました!
画像

今回の「ご当地グルメNEXT」のテーマは「町おこし」ということです。

第一回目は青森県です~
で、今回は「十和田バラ焼き」
クロが言うようにとっても人気のご当地グルメだそうです~
画像

とにかく大量の玉ねぎとお肉を独自のタレを入れて鉄板で炒める!!
あぁ、白いご飯と一緒に食べたいなぁ…


この「十和田バラ焼き」、
歴史ははっきりとわかってはいないそうですが、
戦後間もない頃、十和田市のお隣の三沢市で生まれたグルメだそうです。

当時、庶民にとって牛肉は高価な食材だったそうですが…
三沢市には進駐軍が駐留していて、
安価に牛バラ肉やホルモンが手に入ったそうです。
(進駐軍は赤身しか食べなかったため)

で、当時三沢市には、
朝鮮半島から多くの方々が移り住んでいたそうです。
焼き肉の本場ともいえる方々が安いバラ肉を
朝鮮風に調理したのがこのグルメの始まりということらしいです。

週トロでは、
「十和田バラ焼きゼミナール」の
舌校長 畑中宏之さん(ステキな肩書ですニャ)が
熱く語っていらっしゃいました~
画像


ステキなネーミングのタレ、
「ベルサイユの薔華ったれ」も発売してらっしゃいます。
(お取り寄せもできるそうです)
画像

「十和田バラ焼き」を知らない私でもおいしく作れそうですね♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年12月25日 22:30
(ノ>▽<)ノ「ベルサイユの薔華ったれ」思わずツボにはまってしまいました。パソコンの前で爆笑してしまいました♪
(=∀=)ああ~。最高のネーミングセンスですぅ~。
水堵(管理人)
2011年12月30日 19:22
いなかしろくまさん、コメントありがとうございます。

私も初めて見たときは笑ってしまいました(笑)
ステキすぎるネーミングですよね♪

この商品を見てからというもの
「他に面白い名前の商品ないかな~」
と買い物の時ついつい探してしまいます(笑)

この記事へのトラックバック